エンドロールムービーは、披露宴の最後に流されるムービー。

新郎新婦の門出のために集まってくれた出席者の皆さんに感謝の気持ちを伝えられるので、披露宴のしめくくりとして最適なムービーです。

今回はエンドロールムービーを作るメリットと作成ポイントについてご紹介します。

エンドロールムービーのメリット

1. 出席者への感謝の気持ちを伝えられる

披露宴当日は、新郎新婦にとっては出された食事に手をつける間もないほど忙しいもの。

披露宴中や最後の見送りの際、多くの出席者一人一人に対し個別にお礼を伝えるのは、式場の使用時間の関係上難しいものです。

そこで、エンドロールにお礼のメッセージや出席者のお名前を入れておくことで、新郎新婦からの感謝の気持ちを伝えることができるので、立派な“おもてなし”にもなります。

2. 退場時に流してお見送りの準備時間づくり

披露宴が終わると、新郎新婦の退場ですべて終了…ではありません。

出席者にムービーで披露宴の余韻を楽しんでいただいている間、新郎新婦はプチギフトの手渡しの準備などお見送りのスタンバイをする時間に充てることができます。

3. 「締めの定番」エンドロールムービーで、披露宴全体が締まる

ここ数年の披露宴の締めの定番としてエンドロールムービーはよく使われています。

もちろん取り入れなくてもいい披露宴になりますが、視覚で見せることのできるムービーで“披露宴のおわり”を効果的に告げる演出となります。

そのほか、他のムービー同様に「披露宴後も家族でちょくちょく見て感動できる」「出席者の名前もクレジットしたので記念になって良かった」といった意見もあります。

エンドロールムービー制作のポイント

それでは、エンドロールムービーづくりのポイントに入ります。披露宴の締めにふさわしい内容になるように、ぜひ参考にしてみましょう。

1. 出席者との写真をおりまぜる

エンドロールムービーでは新郎新婦の写真だけでなく、お祝いに来てくれた出席者との写真もおりまぜることで、改めて思い出を振り返る機会にもなり、“心あたたまる披露宴”になります。

出席者たちもムービーで自分を見つけると、誰もがうれしくなるでしょう。

2. 出席者全員へのお礼メッセージも忘れずに

エンドロールムービーは披露宴の締めくくりなので、出席してくれた人全員へのお礼も必ず盛り込みましょう。長い文章は必要ありません。

最長でも2行までに収まる長さで感謝の気持ちを入れると伝わりやすくなります。

個別のメッセージを全員に用意するとエンドロール自体が長くなってしまうので、ある程度グループごとに個別メッセージも短めで考えるといいでしょう。

最後まで出席者への気配りをすることで、お互いに思い出に残る披露宴になります。

  • 友人たち向け「今までずっとありがとう!これからもよろしく」
  • 上司向け「今後もご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします」
  • 家族向け「今日から二人でがんばります!見守ってね」

3. 出席者のお名前にまちがいがないよう気をつける

エンドロールムービーで流す出席者のお名前には間違いがないように必ずチェックしてから制作会社に依頼しましょう。

一般的な順番は以下です。

  1. 新郎側出席者、次いで新婦側出席者の順番に並べる
  2. 並び順は、披露宴の席次表に沿って、テーブルごとでOK
    • 来賓席(会社の上司・同僚)
    • 友人席
    • 親戚席
    • 家族席
  3. 各グループの順番は、職場の場合は役職順、家族は家長から順番に並べる

まとめ

エンドロールムービーを使うと、当日忙しくて伝えられない感謝の思いも相手によく伝わるでしょう。

披露宴を感動いっぱいに締めくくりたいですね。

これからムービー制作をする皆さんも、ぜひエンドロールムービーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

結婚式ムービーを制作しているLoveYou(ラブユー)では、ムービー制作マニュアルでご紹介させていただきました「オープニングムービー」「プロフィールムービー」「エンドロール」のすべてに対応しております。

お手頃なお値段でおしゃれなムービーづくりをしたいお客様のために、精一杯お手伝いさせていただきます。

わからないこと等、メールでお気軽にお問合せください。

これからご結婚を控えている新郎新婦様からのご連絡を、心よりお待ちしております。

関連記事